Case#S39

《SE構法》立体的なゾーニングが広さを生む家

新築 和歌山市雑賀屋町

狭小地でも快適に暮らせる住まい

お客様の敷地は狭小地、また南隣には4階建て相当の高い建物があり、
日当たりが厳しいという立地。

他社様もご検討されたうえで、「この難しい条件でも快適に過ごせるLDKを」
というご要望をお聞きし、浅井良工務店との二人三脚での家づくりがスタートした。

そこで、立体的なゾーニングと縦長の敷地を有効に使ったプランを、ご提案。

シンプルな箱型の建物にし、玄関前をガレージに。
2階リビング、吹き抜けとスキップフロアで構成し、
お客様から「想像を超えたプラン」と気に入っていただけた、
そのお家がついに完成した。

2階リビングを中心に立体的に空間が広がる

1階には主寝室と浴室をプランニング。
2階に家族が集まるLDKと、3人の子どもたちの部屋を設けた。
LDKの中央に吹き抜けとスキップフロアを設け、さらに屋上へと階段が続いていく。
斜め天井のリビングは高さが感じられ、腰窓のほかハイサイドからも明るい光が入り、のびやかなDANRANの空間が生まれている。
吹き抜け階段を上って屋上に作ったバルコニーに出れば、青空を満喫することができ、住まいの空間が立体的に広がる。

楽しい工夫に満ちたLDK

2階LDKの中心に設置した吹き抜けのスキップフロアは、リビングとダイニングキッチンとを区切るとともに、書棚のあるワークスペースとしても機能している。
リビングとつながりながら、読書や仕事ができる「個の空間」に。
また吹き抜けにはキャットウォークを設け、壁面には猫のための踏板をリズミカルに配置。
LDKは変化に富んだワンルーム空間として、家族はもちろん、愛猫も一緒に楽しく過ごすことができる家が完成した。

仕様Outline

建物種別 木造2階建て+塔屋(SE構法)
立地 和歌山市雑賀屋町
延床面積 146.95㎡(44.45坪)
敷地面積 102.83㎡(31.11坪)
家族構成 ご夫婦+お子様3人
耐震性 耐震等級3(許容応力度計算)
断熱仕様 UA値・外皮平均熱貫流率(熱の逃げやすさ):0.38W/㎡K
Q値・熱損失係数(熱の逃げにくさ):1.68W/㎡K
ηAC値(夏の日射熱取得率):0.9
ηAH値(冬の日射熱取得率):1.5
自然素材 外装:レッドシダー、内装:(無垢床)オーク
気密測定結果 隙間相当面積(C値)=0.3c㎡/㎡
換気設備 全館空調(G-AIR)
備考 認定長期優良住宅取得
Story

家が完成する
までの道のり

  • 『家カフェ』ご来場

  • 初回プランご提示

  • 設計ご契約

  • 工事請負ご契約

  • お引き渡し

0120-460-249 電話をかける
  • facebook
  • instagram
  • LINE