Case#S21

ピアノ室とリビングに光がさす平屋建ての「家」。

新築 和歌山市有本

新しい計画をカタチにする住まい

定年退職されたご主人とピアノ教室をされている奥様のお二人の住まい。建物の中心になるリビングとピアノ室のどちらにも明るい光が入り、快適に過ごせるパッシブデザインの家だ。ピアノ教師の奥様は、ピアノと介護を組み合わせた新しい教室を計画されており、勉強し資格も取得。ご実家の隣に家を新築することが決まった時点では、教室の計画を形にするためにどんなスペースが必要か、細かい部分まで思い描いておられた。

具体的な要望をプランの中に

数年前に浅井良工務店の資料を取り寄せてくださっていたN様ご夫妻。あらためて実例をご覧いただき、性能、施工、デザインなどにも納得され、家づくりがスタートした。ご夫妻の希望は、ピアノ教室に生徒さんが直接入れるようにすること。教室入り口のタイルをピアノの鍵盤のように色分けするアイデアもお持ちだった。また家の中に収納するものの大きさや数などもきちんと把握しておられ、ぴったり収まるように対応させていただいた。

2つのメインルームに明るさと快適さを実現

全体に天井高のある平屋建て。来られる生徒さんに心地よく過ごしてもらうために、ピアノ室を南に配置した。さらにリビングにも南からの光がたっぷり入るよう、玄関ホールとの間に中庭を配し、南側が高くなる勾配天井にして高窓を設置。明るく解放感あふれるリビングになった。またご夫妻の好きなグリーンの色を家の中の各所に取り入れ、棚やデスクはサイズを細かく測りながら造作。ご夫妻の要望をすべて形にすることができた。

仕様Outline

建物種別 木造平屋建て(木造軸組工法)
立地 和歌山市有本
延床面積 130.67㎡(39.52坪)
敷地面積 394.96㎡(119.4坪)
家族構成 ご夫婦
耐震性 耐震等級3(許容応力度計算)
断熱仕様 外皮平均熱貫流率(UA値):0.36W/㎡K/熱損失係数(Q値):1.7W/㎡K
気密測定結果 隙間相当面積(C値)=0.5c㎡/㎡
換気設備 「スウェフロー」 24時間換気システム導入
備考 長期優良住宅認定取得
Story

家が完成する
までの道のり