浅井良工務店の
標準仕様 01

パッシブデザイン

地元の四季を知り尽くした、
DANRANのパッシブデザイン

創業より40年余。私たちの家作りは、「和歌山らしい住まい」の追求でした。地元和歌山に住める喜びをカタチにすること。和歌山の四季に沿える家作りの実現。私たちが進める「パッシブデザイン」が光ります。

5Approach5つのアプローチで実現する。

Point
01

断熱・気密をデザインする エネルギーコストを大幅低減、
高断熱・高気密構造を実現。

「魔法瓶のような保温力」と表現される「パッシブデザイン」。「DANRANの住まい」は、単に保温力を高める設計ではありません。和歌山の四季の恵みを存分に採り入れながら、必要に応じて外気・外光をしっかりと遮断できる住まいを実現します。だから効率よく自然エネルギーを活用できるのです。

Point
02

日射遮へいをデザインする 夏の日差しと冬の日差しへの、
絶妙なアプローチ。

太陽の日差しが欲しくなる季節、そして時間。この太陽の恵みが疎(うと)ましく思うこともありますね。私たちの作る住まいは、夏と冬の太陽の射し込む角度の違いを巧みに計算に採り入れました。それぞれの敷地に合わせ、可能な限り夏冬の照射角の違いや性質に配慮し、最適な日差しの恵みを実現します。

Point
03

自然風利用をデザインする 朝な夕なに吹く、和歌山の涼風。
自然の風を味方に付ける。

春と秋のころ。黒潮の大海に抱かれた和歌山の地では、穏やかな風が流れます。特に家族団らんで過ごす休日の朝や夕べに吹く涼風は、格別です。DANRANの「パッシブデザイン」は、風の恵みをも巧みに住まいに採り入れました。地元の自然を知り、観測データで裏付けする私たちの設計手法が活きています。

Point
04

昼光利用をデザインする やっぱり昼は明るい家がいい。
DANRANの「間取りの妙味」をぜひ。

一年を通し、自然の明かりを存分に利用できる住まい。光で外とつながる住まいは、気持ちいい。私たちが考える「太陽と向き合う住まい」は、昼の室内を明るくします。他では発想もし得ない「間取りの妙味」も、私たちの自慢です。部屋ごとのニーズを考えた、明るい住まい作りをぜひ!

Point
05

採熱をデザインする 冬の暖のとりかたが変わる。
太陽の恵みを最大限活用する。

必要に応じて外気をしっかりと遮断できる、DANRANの「パッシブデザイン」。高断熱・高気密性能に加え、「採熱」にも高いポテンシャルを発揮します。冬場の陽射しを効率よく暖に変える「採熱」。冬の暖の採り方を変える住まいは光熱費にも貢献します。「採熱」は、「吹き抜けの住まい」の住み心地を、さらに向上させます。

家じゅうどこでも、
「温感ストレスフリー」

部屋は暖かくても、廊下が寒い家。従来の住まいにありがちですね。間取りの集合ではなく、ご家族の動線に着目した住まい作りが、DANRAN projectの基本です。だから家じゅうどこでも、快適な住まいを提供できるのです。私たちは「温感ストレスフリー」な住まいを目指します。