Relief 5つの安心

お客様への5つのお約束

Relief#no01

構造計算

More

全棟構造計算

日本の一般木造住宅の95%以上が構造計算されていないという事実をご存知でしょうか?
法律では一般木造住宅は簡易チェックのみで建築許可が下りる現状です。RC造や鉄骨造では、必ず『構造計算』を行っています。浅井良工務店では全棟、RC造や鉄骨造と同じ手法で構造計算を行い、「耐震等級3」を取得することを推奨しています。耐震等級3とは、災害時に国の活動拠点となる警察署や消防署と同じ耐力です。私たちは、一般木造住宅においても、より安心で安全な建物を提供することが大切だと考えます。お施主様ご家族の命と安全を護ること。それが浅井良工務店の構造の考え方です。

Close
Relief#no02

温熱計算

More

全棟温熱計算

住宅の断熱性能は、Q値(熱損失係数)UA値(外皮平均熱貫流率)で表すことができます。
数値が小さいほど断熱性能が高く、室内の熱が逃げにくく、外気の温度も室内に伝わりにくいため省エネで快適な家ということです。浅井良工務店では、温熱計算(UA値計算・電気使用量の計算)を各邸、『全棟』行いお客様に自分の家の断熱性能と光熱費の予測を可視化します。現在、日本住宅の断熱等性能等級4(断熱の最高等級)は、6地域(和歌山市)でQ値:2.7 UA値:0.87とされています。
浅井良工務店の断熱性能はQ値:1.7以下 UA値0.5以下を基準にしております。

Close
Relief#no03

気密測定

More

全棟気密測定

快適な住宅に必要となるのが、断熱性能と並び気密性能です。気密性能はC値(隙間相当面積)で表すことができます。数値が低いほど気密性能が高く断熱性能のUA値・Q値を担保するうえで必須となる値です。実は、多くのUA値・Q値はこのC値が『0』という前提で計算されています。すなわちQ値が2.7であっても仮にC値が2.0だった場合、正味の断熱性能はQ値:4.26になってしまいます。もう少しわかりやすくいうと、いくら断熱性能の高いダウンジャケットを着ていても穴だらけでは、その断熱性能の力を発揮できないということです。このことから断熱性能を担保する為にも気密性能はすごく重要な性能の一つです。気密性能は、快適な住宅の為にもう一つ大きな役割があります。
計画換気です。換気とは、給気(外気を室内に入れる)排気(内気を外に出す)で成りたちます。
現在日本では24時間換気(24時間換気扇をまわすことで、2時間毎に室内の空気を新鮮な空気に入れかえる)が義務付けられています。こちらもC値が『0』という前提で空気の導線を計算しています。仮に隙間が多い家だった場合、計画通りに空気が移動せずに、結露の原因や通常居室から給気し、ダーティーゾーン(トイレやお風呂)から排気する計画が逆風でトイレから給気し、リビングから排気してしまって、トイレ臭いリビングになってしまう可能性があります。
こちらもわかりやすくいうとストローに穴を空けると、うまく吸えないのと同じです。
浅井良工務店では、気密実測定を『全棟』行い、お客様に断熱性能同様、気密性能も可視化し、計算値であるUA値・Q値の根拠を示し換気という意味でも快適な住宅を提供させていただきます。
DANRANの家気密性能は、C値:0.5以下を基準にしております。

Close
Relief#no04

長期優良住宅

More

全棟長期優良住宅

長期優良住宅とは、国が定めた耐震性や耐久性能などの審査基準をクリアした、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」として認定された住宅のことです。
長期優良住宅は、メンテナンスがしやすい、地震に強い、維持管理の計画が立てられているなどの住宅を長持ちさせるための工夫があります。建設コストは一般の住宅より高くなりますが、住宅が長持ちすることや住宅ローンの金利引き下げや税金の軽減など、さまざまなメリットがあります。

Close
Relief#no05

30年
アフターメンテナンス

More

全棟30年アフターメンテナンス

住まいは、生活の変化や年月の経過とともにお手入れをしながら住み続けていくものです。必要な時期に適切なメンテナンスをしていくことで、永く快適に住み続けることができます。浅井良の「家守り」は、お引渡し後3・12・24ヶ月・5年・10年・15年・20年・25年・30年(計9回)の定期訪問点検(無償)を設け、暮らし始めてからの問題点や不都合点をチェックし、お住いのメンテナンスカルテを作成・自社保存し、1件1件の状況に応じたアドバイスやメンテナンスをさせて頂き、「安心して暮らせる住まい」をお約束いたします。

Close