LCCM LCCM住宅

LCCM(エルシーシーエム)住宅とは

ライフサイクルカーボンマイナス住宅の略称です。
住宅建築の際に、施工時だけでなく、住宅のライフサイクル(建築から解体、再利用等まで)全体を通じてCO₂の排出量をマイナスにする住宅・建築物を言います。(環境省HPより抜粋)
現在、地球規模での温暖化対策の一環として二酸化炭素(CO₂)排出量の削減が大きな課題となっています。
政府も脱炭素社会の推進のため2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする目標を宣言するなど、温暖化対策への取り組みが加速しています。

LCCM(エルシーシーエム)住宅とは

運用年数によるCO2排出量の違い

運用年数によるCO2排出量の違い

Action住宅分野でのCO₂排出量削減の取り組み

住宅分野において、政府ではこれまでも2013年改正省エネ基準、認定低炭素住宅、 ZEHと低炭素住宅に向けた取り組み推進してきました。 これらは、最終目標であるLCCM住宅移行へのステップとなっています。

※ZEH住宅とは:外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅(出典:環境省)

0120-460-249 電話をかける