DANRAN project #01

“タテ”の広がりが叶える、
新しい団らん。

タテの空間が活きる家 タテ

#01-01 tate

吹き抜けが創る、新・団らんスタイル

リビングと2階がつながる、吹き抜けのある家。
吹き抜けを設けることで、家族のコミュニケーションがもっと多彩になります。
太陽の恵みを上手に使えることも、吹き抜けの強みです。

リビング頭上に広がる大らかな吹き抜け。吹き抜け採光側には渡り廊下をレイアウトした。
渡り廊下は子どもたちの格好の遊び場だ。リビングとつながる、新しい家族の団らんスタイル。

N様邸

#01-02 tate

廊下とリビング天井の
絶妙な関係

廊下は標準的な天井高に、そしてリビングには程よく高い天井をしつらえる。これによりリビングの広がり感が一層高まります。アクセントのある家づくりも浅井良の得意とするところです。

吹き抜けのあるリビングの解放感は、格別。このリビング天井周囲に階上廊下を設けた。するとリビング天井高に段差が生まれ、絶妙のアクセントとなる。「タテ」の変化が楽しめる。

Ha様邸

#01-03 tate

階段の空間にこだわると、
団らんが変わる

2階と1階をつなぐ階段空間。浅井良の家作りでは、階段は暮らしのスイッチのON&OFFを切り替える役目を担っていると考えています。
だから階段空間の高さにも配慮した設計を進めます。

階段の上り下りにスパイスを。
緑の壁は設計のプロでも思いつかない、
住む側の目線からのアイデア。
この階段から朝が始まり、一日が終わる。
緑の壁がON&OFFのスイッチになる。

Ha様邸