DANRAN COLUMN DANRAN人のコラム

シロアリ対策の正しい知識について

温暖な気候で、山野も近くにあることの多い和歌山県では、シロアリのことについての相談も多く受けます。浅井良工務店では、住宅に関する保証のひとつとして、防蟻処理、つまりシロアリ対策についても保証しています。

処理の方法としては人体に影響の少ない「ホウ酸塩」を使用しているため、合成殺虫剤と比較しても非常に安全です。保証期間は最長で15年と、安心していただける期間を設定しています。

ここではまず、ネット上でよく見かける事のあるシロアリ対策における住まいの構造に関する話のうち、誤解されやすい部分について説明をしておきたいと思います。

例えば、基礎断熱が「外断熱工法」(※上部のイラスト参照)の場合、断熱材が直接土に触れることでシロアリの侵入を容易にします。

その対策として、基礎の内部に断熱材を施す「内断熱工法」を採用し床下の状態を室内環境と同等、つまり湿気の少ない環境にすることで防ぎ易くすることが可能です。

また、アウトドアリビングとしても人気のウッドデッキも、脚が地中に直結しているとシロアリが侵入しやすいのですが、土間打ち(コンクリートによる下地張り)を行い、地面と直接つながることを防ぐことで対策ができます。

また室内では、ダウンライトの光が天井裏に漏れることでシロアリを誘引すると言われているのですが、これについては屋根裏断熱とライトのLED化によって光の漏れは大幅に軽減されます。

このように、それぞれの構造的な要因も正しい知識を持ち、適切な対策を施すことで問題の回避は可能です。ほかにも様々な要因はありますが、多くは対策や代替案が選択可能なものです。

したがって、シロアリが発生しやすい要因としてネット上に書いてある情報は「脅威となるので絶対にダメだ」という訳では決してないのです。事実、弊社は基礎内断熱を採用して10年以上になりますが、これまでシロアリの発生はありません。

偏った情報にのみとらわれると、住まいの自由度も奪われてしまい、思い描くものとは離れてしまいます。さらにシロアリだけでなく地震や火災、水害なども想定すればどんどん条件は多くなり、デザインの制約だけではなく予算も超えてしまいます。

家づくりにはバランスがとても大切です。予算と暮らし方、そして思い描くかたちなどを総合的に判断する事でよりよいものになります。

ご自身でいろいろな情報を得ることももちろん大切ですが、心配している事や気になることはプロである工務店に相談すると、きっとよい答えが返ってくると思いますよ。                   

2022.01.15
0120-460-249 電話をかける
  • facebook
  • instagram
  • LINE