BLOG スタッフブログ

吹き抜けでも音を気にせず

我が家が完成し暮らし初めて一年近くとなりましたが、我が家のリビングの真上にはパッシブな暮らしのベースとなる吹き抜けがあります。大きさはリビング階段が併設されており約8帖あります。その吹き抜けは冬暖かく、また年中LDKを明るくしてくれます。とても快適です。

しかし、吹き抜けがつながることで気になるのが音です。
例えば、我が家には1歳と4歳の子供がいますので子供が2階の寝室でお昼寝中や夜間の時間に1階のリビングでテレビを見る際にボリュームに大変気を使います。ボリュームが大きすぎたりすると子供は起きてしまうので、気にしながらテレビを見ていました。
しかし、3ヶ月前にインターネットをきっかけに知った『sonyのウェアラブルネックスピーカー』を購入し使用してみた結果・・・

 

3ヶ月使用してみた感想は、かなり良い!の一言
子供のお昼寝時も夜間の時間もゆったりとボリュームを気にせずテレビをみられるようになりました。スピーカーにしては少し高いなぁと買うのをためらったのですが、今は買って本当に良かったと妻も言っています。新築を計画する上でキッチンで調理をしながらテレビを見たいと言っていた妻でしたが、実際はIH使用時はレンジフードが作動するのでファンの音でテレビの音は全く聞こえません。がしかしこのスピーカーだと小さなボリュームでも耳元で聞こえるので問題なし!それに耳をふさいでしまうのではないので子供の声や他の音も認識できます。

弊社の家づくりでは、『縦に繋ぐ』をテーマとして吹き抜けを推奨しております。が実際に暮らし始めた際には、その吹き抜けによって得られる大きな恩恵とは別の角度で感じる小さなストレスをこんな工夫で解消してみてはいかがでしょうか。あくまでこれは一例にすぎないのですが、これからもリアルな体験から得られる情報をブログで発信していきたいと思います。

 

2019.10.12

この記事を書いたスタッフ

太田 和宏営業

和歌山に住まう人へ贈る家づくり
「DANRAN」

パッシブデザイン設計、SE構法、高断熱高気密、認定長期優良住宅なら浅井良工務店へ。

  •  浅井良工務店の「DANRAN」とは
  •  資料請求
0120-460-249 電話をかける
  • facebook
  • instagram
  • LINE