BLOG スタッフブログ

日曜日には本格的!ピザに挑戦!

 7月12日(日) この日も、また、家内と娘たちは、朝早くからガールスカウト活動(午前中)ででかけ、おひるごはんを頼まれました。

 土曜日の夕方、図書館で借りたピザに関する本を見、仕込みを始めました。

              ファイル 52-1.jpg

 まず、缶入りのトマトの水煮缶をオリーヴオイルで、約1時間半ほど弱火(沸騰させるとソースが苦くなるようで・・・)で水分を飛ばし、トマトソースをつくります。

 その間に、ビザの生地作りです。

 強力粉にぬるま湯に溶かしたイースト菌とオリーヴオイルを入れ20分程、よくコネます。

 こねた生地をボールに入れ、ぬるま湯をはったボールに浮かべラップをし、45分程、一次発酵させます。

              ファイル 52-2.jpg

 膨らん生地の空気を抜きし、小分けし(包丁で切る)、適当な大きさにまとめます。

 これを、オリーヴオイルをひいたアルミホイルを皿にのせ、丸めた生地を置き、オリーヴオイルを塗ったラップをかぶせ15分程、二次発酵させます、二次発酵が終われば、それ粉を打ったまな板の上にのせ、麺棒で生地を延ばしそれを、また、皿に戻し家族の帰りを待ちます。

              ファイル 52-3.jpg

 子供たち、一人一枚ずつトッピングをさせます、それをアミを敷いたスキレットで、下は弱火、上は中火で10分程焼きます。

              ファイル 52-4.jpg

 子供たちのトッピングは少なめだったので、あとの2枚はトッピングがドッサリになってしまい、食材からの水分で生地がややモチモチとなっていましたが、子供たちのピザはカラと香ばしく仕上がりました。

              ファイル 52-5.jpg

 はじめての挑戦にしては、なかなか上手くいきました。

 ピザは今度のキャンプ・メニューに採用されました。!!

和歌山で家を建てる浅井良工務店HPへ

2009.07.14

この記事を書いたスタッフ

中筋 眞人工務