Case#S11

家族の団らんを育む開放感あふれる高天井の「家」。

新築 和歌山市大谷

家族が集まるLDKが住まいの中心

ハウスメーカーや工務店を数多く回ったものの、なかなか思うところが見つからなかったというM様ご夫妻。「冬は暖かく夏は涼しい、家族が健康に暮らせる家を」というご夫妻の考えは、浅井良の提案するパッシブデザインとも一致し、依頼を受けることになった。「家族の団らんができる、あたたかい空間をつくってほしい」という希望に沿って、勾配天井の吹き抜けのある大きなLDKが中心となる住まいをプランニングしていった。

あたたかい色味が家族の時間をやさしく包む

片流れの屋根が印象的な外観。南に面したLDKは高い勾配天井で、開放感にあふれる。明るい光が差し込むが、軒が深く出ているため夏は日差しを遮ってくれる。内装の仕様は奥様の好みに沿って、白い壁面と茶系をベースにしたシックな色合いに。床には高級感のあるミモザの無垢材を、造作のカウンターにはタモ材、天井には彩色で深みを出したシナベニヤを使用。木のあたたかみあふれる空間が、家族の和やかな時間を包んでくれる。

安心・安全を支える仕様と暮らしやすい動線が満足を生む

玄関の動線も、奥様のお気に入り。家族はふだんシューズクロークからリビングに入る。来客は玄関ホールから回り込んでリビングに入るため、家族の脱いだ靴が見えないところがポイントだ。そのほか洗面脱衣室と寝室の間に広い収納を設けるなど、暮らしやすさに配慮しながらプランニング。耐震等級3の高い耐震性と高気密・高断熱の仕様による安心・安全で快適な住まいに、高い満足をいただくことができた。

仕様Outline

建物種別 木造2階建て(SE構法)
立地 和歌山市大谷
家族構成 ご夫婦とお子様2人
延床面積 183.40㎡(55.47坪)
敷地面積 695.02㎡(210.24坪)
自然素材 無垢床材(カバザクラ)外壁(スイス漆喰)
耐震性 耐震等級3(許容応力度計算)
断熱仕様 断熱材:外断熱(硬質ウレタンフォームボード)外壁・屋根・基礎/内断熱(高性能グラスウール24K)外壁・屋根
窓:樹脂フレーム(内外共)、Low-E複層ガラス
気密測定結果 隙間相当面積(C値)=0.9c㎡/㎡
換気設備 「スウェフロー」 24時間換気システム導入
備考 長期優良住宅認定取得
※国土交通省より助成金100万円採択
Story

家が完成する
までの道のり