BLOG スタッフブログ

子どもに似合うランドセル選び

もうすぐ4月も終わり、GWが始まりますね。

来年新入生のお子様がいらっしゃる方々は、

5月は『ランドセル購入の活動=ラン活』が、盛んになる時期ではないでしょうか?

 

私もちょうど2年前の5月、次女のランドセルを購入しました。

その時のお話をちょっと紹介したいと思います。

 

「学校ではランドセルを寝かして棚に入れるから、持ち手がついてる方が取り出しやすいよ!」

という長女の意見をもとに、一つの工房に絞りました。

工房が決まれば、あとは色選び。

この時期に、子どもに何色が欲しい?と尋ねると、

コロコロと欲しい色が変わり、親も大変だ・・・という話を聞きますが、

我が家は、いつ聞いても「何色でもいい!」の一言。

 

となれば、親の好きな色を選びますよね 😛 

必死に選ぶのは親で、子どもはそこまで興味がないのも理解しつつ、、、(笑)

大阪まで電車で見に行きました。

 

いざ候補の色を次女に背負わせてみるものの、何かしっくりこない・・・。

そのしっくりこないランドセルを長女に背負わせると、しっくりくる。

    

もしかして・・・と、候補ではなかった色を次女に背負わすと、しっくりくる。

しっくりきたランドセルを長女に背負わせると、しっくりこない。

結局、欲しいと思っていた色ではなく、次女に似合ったランドセルを購入したのですが

しっくりこない違和感の理由は、

身長や体型、服装の違いではなく、パーソナルカラーの違いだと思います。

 

パーソナルカラーとは、肌、髪、目の色から属性から判断する、個人がもつ似合う色のことで、

大きく分けると、ブルーベース、イエローベースのどちらかに分類されます。

長女はブルーベースで、次女はイエローベースの属性を持っており、

それぞれが似合った色は、パーソナルカラーとして似合う色とされていました。

そういえば、長女のおさがりを着る次女は、長女があまり着なかった服がよく似合います。

 

今年、長女が小学校を卒業したので、記念に公園で撮影しました。

その後ろ姿を見ながら、

あの時、実際に見に行かずに購入していたら、6年間、なんだかしっくりこないランドセルを背負うことになっていたかも・・・と思い出し、

ラン活して良かった~~!!と思った瞬間でした✨

 

ランドセルの色選びで迷ったら、お子様のパーソナルカラーを見てみてはいかがでしょうか?

きっと似合うランドセルが見つかると思います😉

2021.04.28

この記事を書いたスタッフ

関 奈美営業企画

和歌山に住まう人へ贈る家づくり
「DANRAN」

パッシブデザイン設計、SE構法、高断熱高気密、認定長期優良住宅なら浅井良工務店へ。

  •  浅井良工務店の「DANRAN」とは
  •  資料請求
0120-460-249 電話をかける
  • facebook
  • instagram
  • LINE