BLOG スタッフブログ

藪ノ丁の家改修工事

ファイル 482-1.jpg

先日から始まった改修工事、構造部分がほぼ顕しに。
棟梁と養生梁柱の検討を行いました。
450成の梁があちこちに・・・かなりしっかりとした躯体です。打合せ用として図面に落とし込んでいきます。

改修工事は新築と違い既存部分があるため制約が多くなります。が、施主の要望をどういう風に盛り込み、その部分をどう生かしていくのかが難しいところでもあり楽しいところでもあります。

和歌山で家を建てる 浅井良工務店

2011.11.11

この記事を書いたスタッフ

中口 勝之代表取締役