事例紹介

リフォーム

時代を住み継ぐ家

祖父から受け継いだ築100年の古民家。

家族(30代ご夫婦とお子さま)の暮らしに合わせ、使い勝手や快適性、将来への対応を考慮した大きな空間に生まれかわりました。

耐震補強と断熱工事を同時に行い、安全性・快適性も向上させたリノベーションです。

 

建物種別

古民家平屋

築年月

1915年頃

リフォームのきっかけ

古民家で、現在のライフスタイルにあわした暮らしをする為。
リフォームに伴い、耐震補強をして家族が安全に暮らせるようにする為。

家族構成

30台ご夫婦 子供1人

リフォーム面積

約115㎡(約35坪)

工事期間

約5ヵ月

テーマ バリアフリー、古民家再生、耐震工事

Point

  • 古民家の梁をみせて、勾配天井のLDKにしています。みんなが、集まる広い空間、シーリングファンや、蓄熱暖房機を設置し快適に暮らせるリビングになっています。

  • 対面キッチンにする事で、料理と食事の時間が、楽しく、使い易くなります!

  • 古民家の色にあわした、木目調のシステムキッチン。新しい設備をいれる事で、料理しやすくなります!キッチン隣には、パントリ-があります。

  • キッチン隣のパントリー。食材の収納庫として、たくさんの棚を設け、家事も出来る様に、机も造っています。

  • シューズインクロークのある玄関。お客さんがきても、家族の靴などかたずけしやすく、すっきりします。

  • すっきりとした、洗面化粧台。共有ゾーンに配置する事で、お客様も使い易いです。

  • 耐震改修。構造計算をして、プランに応じたバランスのとれた耐震計画をしています。リフォームにあわして、耐震補強する事を強くお勧めしています。写真は、基礎コンクリートと柱の劣化部分の補強です。

  • 断熱改修。屋根面には、現場発泡断熱材(アイシネン)を施工。同時に、サッシもペアガラスや、インプラス取付けることで、暑い夏や、寒い冬でも快適な暮らしを送れます!

施工前の様子

PAGETOP