無垢・自然素材

年月を重ねるほど、より味わい深く、美しく。

建物の経年変化には、時とともに美しくなる要因として素材の使い方があります。

私たちは壁天井や床など目にするところ肌に触れる場所に無垢材や自然塗料、漆喰などの自然素材を含めてご提案しています。
自然素材というものは新築時から時間が経つごとに、ただ古くなるのではなく独特の風合いを醸し出してくれます。
家は家族と暮らす場所。そこで過ごす時間は人により様々ですが、長いスパンで考えるととても重要な場所だと私たちは考えています。そのため自然素材を用いた本物の素材でつくる空間での心地良さ・快適な空間の生活をしていただくためにも素材にこだわった提案を致します。

無垢床材

木本来のあたたかさや質感を感じられる無垢床材。

無垢材とは、名前の通り「自然そのもの」の木材。
無垢材は1本の原木から必要な寸法に切り出して使用するため、自然そのものの木材であるのに対し、合板は接着剤で木材を貼り合わせたものです。シックハウスの原因となる化学物質(ホルムアルデヒド)は、この接着剤に含まれているのです。無垢材が重宝される理由は、化学物質を一切含んでいないためです。もちろん合板の方がコストは抑えられます。

しかし、何十年も住む家。長いスパンで考えるとメンテナンスの容易なことや家族の健康を考えると無垢材を選び、心から気持ちよく過ごしたいものです。床材は無垢を選んで、足元から自然素材のあたたかみを感じ取りませんか?家に帰ってからの贅沢が足を踏み入れたその一歩から始まります。裸足で過ごしたくなるわが家はシックハウスの心配もなく、子どもたちの健やかな成長を助けます。
浅井良工務店は、その目を活かし厳選した木材を調達します。良いものを長く、気持ちよく使う。これもエコですね。

無垢材の特長

  • 調温効果

    木は常に呼吸しており、多湿時には水分を吸収し、乾燥時には水分を放出して湿度を一定に保とうとします。その為、季節によって木材そのものが若干の収縮をします。

  • 断熱効果

    木の中は多くの空気層を含んでいる繊維構造のため、熱伝導率が低く断熱性能が良い事より素足で歩いたら、ぬくもりを感じることができます。

  • 触感的作用

    木にはストレスを和らげる癒しの効果も科学的に証明されており、色や木目による視覚的作用、木肌に触れた時に触感的作用、樹木が発する芳香成分フィトンチッドによる森林浴効果などさまざまです。

  • 視覚的作用

    年月を経るたびに経年変化により色が変化していきます。環境や樹種にもよりますが、より深みを増し、味わい深い風合になります。

よく選ばれる樹種と特徴

  • 針葉樹「杉」
    国産針葉樹の代表的な木材。
    断熱性が高く冬は暖かい、夏は調湿効果でサラッとしている。 日に焼けるほど深みを増し、人が歩くほど表面が磨かれツルツルになっていく[古美ていく]という表現 。
    赤身と白太があり、杉の赤身は腐りや、塩分に対して耐久性が高い。
  • 針葉樹「桧」
    日本を代表する高級材。
    特有の芳香や光沢があり、水にも強く耐久性も高い為、 柱や家具、浴槽などに使用されることが多い。
  • 針葉樹「カラマツ」
    比較的柔らかい針葉樹の中でもカラマツは、重硬で、強度が高いという特性を持っていますので、通気性に配慮すれば永年使い続ける事も可能です。 赤味はとても鮮やかで、黄金色とも比喩されるほどです。 また、耐水性という点においても、樹脂成分が多く、水に強い性質を持っているのが特徴です。
  • 広葉樹「オーク」
    硬木でフローリング等に向いた材です。
    色は淡褐色~褐色で、木目が粗くはっきり見えます。
    柾目の板には虎斑と呼ばれる、虎の縞模様のような綺麗な柄が見られることもあります。
    家具や洋酒の樽等にもよく用いられています。
  • 針葉樹「カバ」
    バーチ材は主に寒冷地に育つカバノキ科の樹木です。木目が薄く、淡い黄白色が多いです。 淡い色味の中にも濃淡があり、シンプルで和・洋どちらでも合わせやすい。 ばらつきの少ない色合いの材面に、縮れ杢模様の艶が散在するのが特徴。 サクラの木肌がよく似ていることからカバザクラとも呼ばれる。
  • 広葉樹「ミモザ」
    ミモザは非常に堅く、アメリカ西部の開拓時代に駅馬車の車輪や車軸として活躍したばかりでなく、 造船用の木釘としても使われるほどでした。非常に丈夫で、乾燥収縮が少ない特性を持っています。 衝撃に対して強く、腐食や耐朽性に富んでいます。

漆喰 -しっくい-

健康を考えても、快適さを考えても、日本の建築には漆喰が最もふさわしい。

漆喰は微細な多孔質構造に基づく吸放湿作用によって湿度を調整する機能を有しており、高温多湿な日本の気候風土に最もふさわしい素材です。 また、漆喰のアルカリ作用に基づきカビやダニなどが繁殖しにくい性質も有しており、アレルギー症状でお困りの方には特にうれしい壁材です。

近年、健康住宅・天然素材・ホルムアルデヒド等の言葉が、マスコミで大きく取り上げられるようになり、古くから使用された漆喰が、時代の変遷とともに見直されて大きな注目を集めています。漆喰には、断熱・保温・調湿・遮音・防火等優れた性能があり、他に類を見ない塗壁材です。漆喰の独自の風合いは住む人にやすらぎと快適な住空間をもたらします。また、消臭性能もあり、臭くないトイレが実現できます。壁材によるシックハウスとはまったく無縁。アトピーや喘息、過敏症でお悩みの方にもうれしい壁材です。

漆喰の特長

  • 安全性

    自然素材である漆喰は、アレルギーの原因となるホルムアルデヒドなどの有害化学物質を含んでいないので、安全で無害な壁材として赤ちゃんのいる場所でも安心して使用できます。

  • 抗菌性

    漆喰は強アルカリ性のため殺菌効果があります。結露をなくす調湿性能とのダブルパワーでアレルギーの原因となるカビ・ダニの発生を防止します。鳥インフルエンザの際にも、漆喰の主原料の消石灰が養鶏場に殺菌の目的で散布されています。

  • 防火性・断熱性

    本物の漆喰は非常に防火性が高く、建築基準法第2条第9号において不燃材料に認定されています。万一の火災時にもダイオキシンなどの有害なガスが発生せず、延焼を防ぎます。この特性は昔の城壁や土蔵にも活かされました。また、漆喰壁は多孔質で空気層をもつため断熱性が高く、室内の涼しさ、暖かさを保つ働きがあります。

  • 吸着性

    シックハウス症候群の原因のひとつであるホルムアルデヒドを吸着・分解し無害化します。漆喰の主原料である消石灰は強アルカリ性であり、空気中のホルムアルデヒドが漆喰壁に触れると消石灰のアルカリ分子と反応することでホルモースという糖類に変化します。(ホルモース反応)

  • 堅牢性

    漆喰は左官材として壁に塗られた後、ゆっくりと乾燥硬化していくプロセスの中で空気中の二酸化炭素を吸収し、100年以上の歳月をかけて元の石灰岩と同じ炭酸カルシウムに戻っていきます。時が経つにつれて耐久性が増し堅牢な壁になります。

  • 環境性

    漆喰のベースは石灰。もともと地球の資源から生まれた自然素材なので、その役目を終えれば、またもとの自然にかえります。漆喰は、廃棄処分時におけるダイオキシンやアスベストなどの問題は起きません。本当の意味で自然と共存できる素材なのです。

よく選ばれる漆喰と特徴

  • カルクウォール
    カルクウォールはスイス産の最も純粋な白い石灰砂などの天然成分100%を使用しています。
    スイスアルプスの純粋な石灰を、950℃という低温でゆっくり焼成して細かく均一な粒子の生石灰を生成し、それを3ヶ月間水で熟成させてスイス漆喰は出来上がります。スイス漆喰は、化学物質の力を借りず空気中の二酸化炭素を吸収しながら結合し、100年をかけて硬く強くなります。水にも強いカルクウォールは内装だけでなく外装の仕上げにも使用できます。イケダコーポレーション
  • エスタコウォール
    エスタコウォールは中世から続く、ヨーロッパ伝統の西洋漆喰です。石灰石が主成分の天然無機質100%の自然素材のため、室内壁・外壁の全てに使える理想の塗り壁材です。安心・安全はもちろんのこと、これまでにない優れた性能と施工性から、プロはもちろんDIYにもお気軽にご利用いただけます。今日からエスタコ生活をスタートさせてください。エスタコウォール

自然塗料

自然と調和し、人の育みと健康を考えた塗料。

人と自然との調和を目指し、木のもつ性質を十分に理解し使用用途に合わせた自然塗料をご提案いたします。
浸透性の塗料を使用することで、木のもつ調湿効果を損なわず、また木の導管に沿って深く浸透するので木が強くなり長持ちします。また、撥水性にも優れ、シミ汚れにも効果があります。乾燥後はベタつくこともありません。
そして、有害な化学物質を一切含んでいないので人体に全く影響な無く、小さなお子様にも安全です。

よく使用される自然塗料

  • リボス
    リボスの塗料は浸透性着色オイルなので、木材の呼吸機能を妨げず、調湿効果を損なうことがありません。
    また、有機・無農薬で栽培された食品レベルの安全性をもった亜麻仁油が主成分です。着色成分は植物や土といった天然成分で、有害化学物質(空気汚染物質、健康有害物質、環境ホルモンなど)を一切含みません。
  • オスモカラー
    オスモカラーは、自然の植物油(ひまわり油・大豆油・アザミ油)と、植物ワックス(カルナバワックス・カンデリラワックス)をベースにした自然塗料です。自然の植物由来のオスモカラーだから、有害な化学物質は一切含まれていません。2003年7月に改正された建築基準法では、無垢の木材と同じく、国土交通省告示対象外商品に指定されています。
  • カールズオイル25
    何も処理されていない無垢のフローリングを摩耗から守るための高濃度硬化パインオイルです。木の暖かみや美しさを強調します。オープン時間が長いため、広い面積でもかんたんに塗布できます。また、メンテナンスも容易に行うことができます。ドライヤーにコバルトを用いていないため、アレルギーを引き起こす成分を含みませんので安心してお使いください。
PAGETOP