耐震性

一度は必ず遭遇する大地震。だからこそ、本当に地震に強い家づくりを。

実際に地震に対する強度と、建築基準法が定める強度計算の問題点。

建築基準法では、木造2階建てまでの住宅は高度な構造計算を行わなくても建てられるようにと、昭和35年/簡易計算方法「壁量規定」が設けられました。しかし、昭和53年/宮城県沖地震、平成7年/兵庫県南部沖地震と多くの家屋が倒壊する度に、たくさんの犠牲者を出してしまっていました。そして、この壁量計算も大地震が起こる度に、改訂され続けているのが現状です。
今、壁量計算で建築基準法ギリギリクリアする建物を、改めて構造計算にかけると強度が7割くらいしか出ないのが現状です。しかし、どちらも違法ではありません。

構造計算は、安心して暮らせる家の絶対条件。

私たちは構造計算による徹底した耐震への取組み、建築基準法を上回る徹底した検証をします。
構造計算(許容応力度計算)とは、建築物を設計する際に、地震、台風、積雪など自然の力を受けた場合に安全性を保てるかを数値で確認するものです。現行の建築基準法では、重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造、木造3階建に構造計算が義務付けられていますが、2階建て以下の木造住宅では「壁量計算」という仕様規定を代替措置として、構造計算は特例として免除されています。

注文住宅の構造は、その使用材料箇所で構造条件は大幅に変わります。にも関わらず構造計算書をつくるところは非常に少ないのは悲しいことです。全棟オリジナルプランだからこそ、構造計算を綿密にしておかなければなりません。それはお客様が安心して暮らせる住まいを造るための絶対条件であると考えています。

構造計算の8つのポイント

大地震が起きた際の和歌山県への影響も考慮する必要があります。

日本の国土は世界の陸地のわずか0.25%でありながら、この狭い地域で世界で発生したマグニチュード6以上のうち実に20.5%が発生しています。日本は稀に見る「地震多発国」なのです。
そして、ここ和歌山県においては、南海トラフの地震の発生確率がマグニチュード8~9クラスで、30年以内では66.5%、50年以内では90.5%と想定されています。

和歌山県地震被害想定調査について

  東海・東南海・南海地震 中央構造線の地震
地震の規模 M8.6相当 M8.0相当
震源断層の位置 駿河トラフ~南海トラフ 中央構造線(淡路島南沖~和歌山・奈良県堺付近)
震源断層の深さ 約10~30km 約4~14km
建物被害(全壊・焼失) 約85,000~105,000棟 約105,000~137,000棟
死者の総数 約4,700~5,000人 約2,600~4,600人

和歌山県の過去の被害

1707年 宝永地震 M8.6 全壊約2,600棟 死者688人
1854年 安政地震 M8.4 全壊約10,000棟 死者759人
1944年 昭和東南海地震 M7.9 全壊約280棟 死者51人
1946年 昭和南海地震 M8.0 全壊約1,300棟 死者268人

耐震等級 3(最高等級)を標準とする。

地震に対する建物の強さは「耐震等級」で表されます。
「耐震等級1」とは、建築基準法で決められた最低限の強さであり、「耐震等級2」は「1」の1.25倍、「耐震等級3」は「1」の1.5倍の強さを示します。浅井良工務店は、この中で最高等級である「耐震等級3」を標準としております。
※一部工法により異なる場合があります。

地震保険の割引制度

性能表示制度や認定長期優良住宅など耐震等級を取得した建物は、地震保険の耐震等級割引制度が利用できます。

耐震等級3 耐震等級2 耐震等級1
割引率:50% 割引率:30% 割引率:10%

SE構法

SE構法

  • 開放的な大空間を実現する木造ラーメン構造

    木造ラーメン構造とは、文字通りRC造等でもちいられるラーメン構造を木造で再現した構造です。
    広い開口部や間口を設計しながらも、柱と梁で耐震力を確保します。
    SE構法では、このラーメン構造に設計・部材・金物などで耐震性をさらに向上させ、自由度の高い空間デザインを採用しながらも、最高クラスの耐震性能を備えた家づくりを可能にします。

  • FEM解析で建物に伝わる力を解析して設計する「基礎」

    これまでの木造住宅における基礎の構造計算では、基礎梁と耐圧版それぞれにかかる建物の負荷を別々に計算していました。
    しかし、SE構法では、大規模物件同様の計算手法を取り入れ、基礎梁と耐圧版とを合わせて立体的に計算しています。

  • FEM解析で建物に伝わる力を解析して

    地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用しています。これは、従来の金物工法の欠点を克服するために開発された特殊なボルトです。
    表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって、引張剛性を格段に向上させました。通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより、ラーメン構造を実現しています。

  • 一般在来工法の3.5倍の強度を持つ「耐力壁」

    SE構法の耐力壁は、在来軸組工法で使用される片筋かいを壁倍率2とすると、両面耐力壁で壁倍率5~1 4相当の強さになり、構造計算によって使い分けています。
    他社では壁倍率10以上というものもありますが、SE構法は接合部の剛性(強度)も構造計算により解析し、体力壁を構成しています。両面耐力壁では壁倍率10を超える高耐力壁も実現できます。

  • 無垢材を超える強度を持つ業界最高水準の「集成材」

    SE構法では無垢材の1.6倍の強度を持つ集成材を使用しています。
    無垢材は自然素材が故に、強度にばらつきがあり、構造計算を行うには不向きな素材です。
    品質が厳しく管理され、一定の強度が保たれた集成材だからこそ、構造計算が可能となるのです。

将来を見据えた家「スケルトン・インフィル」

私たちが採用するSE構法は、ライフステージの変化に対応しながら耐震性・経年劣化に強い強固な構造維持し、間取の変更も容易に行うことが可能です。
例えば、お子様の独立や結婚などの家族構成の変化、居住者の高齢化などの変化に柔軟に対応して、広いリビングに変えたり、広い寝室に変えたり、書斎や趣味の部屋等の小部屋をつくる事ができます。
私たちは、そんな人が生活スタイルを住まいに合わせるのではなく、住まいが生活スタイルに合わせる暮らしをご提供いたします。

参考例

子どもの成長とともに変化する間取り( 家族構成:30代ご夫婦+ 子供4人)
4人の子どもの成長に合わせて、5年後は2階フリールームを子供部屋とお父さんの書斎に。
10年後は、吹抜けの空間に床組をして1室子ども部屋を設ける予定です。
そして子供が巣立ち、子ども部屋が必要が無くなった時には、元の大きな吹抜けの家に戻る「家族の成長に合わせて変化する家」としての楽しみがあります。

竣工時/5年後/10年後/15年後
PAGETOP