リフォーム

リフォームは「家守り」の一環です。

本来、リフォームは「家守り」の一環として行われるもので、家を知り尽くしている地域に密着した工務店がメンテナンスを並行して担うべきものと思います。
地域の工務店として、地域の気候・風土・文化に精通し、豊富な経験に基づく診断力、これらをもって地域工務店だからこそ出来るのだという自信のもとに、住まい手が置かれている実情、要求などを適格に把握し、対応することを心掛けています。

リフォーム全般はもちろん下記のようなご要望にもお応え致します。

  • 耐震診断・補強工事耐震診断・補強工事詳細へ
  • 古民家再生古民家再生詳細へ
  • リノベーションリノベーション詳細へ
  • エコリフォーム健康リフォーム詳細へ

耐震診断・補強工事

住宅は、規模、間取り、経年劣化の進み具合等により、建築時期が同じ住まいでも耐震性能が異なります。特に、昭和56年5月以前に着工した住宅は、旧建築基準で建てられていますので、耐震診断・建物調査を行い、耐震性や、建物の劣化の確認し、まずは現在の住まいの状態を知ることが大切です。

診断結果、ご予算、リノベーションプランに応じた耐震補強を提案

浅井良工務店では、建築士の資格を持つ耐震診断士が、耐震診断と補強プランを提案し、ご家族が安心に暮らせる住まいに近づけるのはもちろん、デザインや使い勝手にも配慮した住空間を提供しています。
浅井良工務店は、耐震改修補助事業の基準に応じた耐震リフォーム実績No.1の会社です。

耐震リフォームは市区町村の補助制度や、減税制度を活用して

各地域によって条件は変わりますが、無料で耐震診断を行うことができたり、耐震補強工事費の補助が利用できる場合がありますので、それらを活用した、耐震リフォームがおすすめです。

Work

補強実例

  • 鉄筋コンクリート基礎補強
  • 接合部金物補強(柱脚)
  • 接合部金物補強(柱頭)
  • 筋交いによる補強
  • 耐力壁増設
  • 劣化部補修・予防
  • 屋根の軽量化
  • 家具固定

古民家再生

古民家とは、建築用の金物を使用せず、木材の軸組みで構成されている、日本の伝統工法の家です。

古民家再生工事では、古くて良い柱や梁を残したまま、建物の構造補強・断熱・採光を考えた、現在の暮らしにあった住みよい住まいを造っています。
伝統工法の家には、日本の気候風土にあった知恵がたくさん詰まっており、代々受け継がれてきた古民家を伝承していく事は、日本の伝統・歴史の伝承に繋がります。
また、長い年月を過ごしてきた木材の深い味わいと木の持つ暖かみは、私たち日本人には、癒しを与えてくれます。

古民家事例へ

リノベーション

リノベーションとは、中古住宅を新たな考え方や付加価値を付け、現在のライフスタイルに合った住まいに、甦らせることをいいます。

建物の経年にともない時代に合わなくなった機能や性能、間取りを改修する事で、快適な暮らしを実現する住まいに再生します。
また、中古住宅でも、使われていた素材や構造、匠の仕事など「残す」を前提とする事で、新築では造ることのできない味わいある住まいになります。

浅井良工務店のリノベーションは古い物を活かしながら、新しい物や考えを取り入れる事で、みなさんの豊かな暮らしを共に創りあげていきます。

リノベーション事例へ

健康リフォーム

健康な暮らしのために住まいのあり方もとても大事な役割を果たしています。高齢者や乳幼児はもちろん、様々な身体条件をもつ家族のことも考慮して、転倒や転落などの家庭内の事故を防止したり、住宅全体で断熱性能を確保し、適切に換気して、良好な室内環境とすることで健康状態が維持できます。将来にも対応できる間取りとすることで、住み慣れた我が家で長く暮らせることが、健康的な住まいと言えるでしょう。

介護保険制度に応じたバリアフリー改修

手すりの取付や段差解消、便器の交換等、地域のケアマネージャーと連携し、それぞれに異なる住まいと住まい手の状況に応じたきめ細かな対応に配慮しています。

快適な暮らしのための断熱改修

住まいの中で急激な温度変化(ヒートショック)による、心疾患や脳血管疾患予防には、住まい全体の断熱が効果的です。床・壁・天井の断熱は、下地を剥がす必要がありますので大規模なリフォームの際に一緒に行うと、コストや工期短縮の面からも効率的です。窓周辺は冬には内側の暖かさが逃げやすく、夏は外の熱気が伝わりやすい場所なので、断熱性の高いサッシに取り替えたり、内窓を取付けるなど手軽な工事を施すことで快適性がアップします。

健康リフォーム事例へ

PAGETOP