スタッフブログ

回想自転車旅行記~51

201308/03

浅井 良則

1969年 5月1日 木曜日 曇り

外は曇っているが雨にはならないようだ。Y.Hの窓からライン川を望むと、ラインの朝の靄に貨物船・観光船・プライベート船が頻繁に往来しているのが見え、特別な情緒ある風景だ。今日は、出来ればケルンまで走ることにする。気温はサイクリングに最適な温度だし気分も良好。国道がライン川に沿って走っているので、自然と下りの船と競争しながら走ってしまう。川の流れが速いので此方も負けまいと漕いでいると15㌔程走っていた。今日は祭日なので、背広に着替えた紳士やドレスアップした淑女がラインの岸辺を行き来している。昼食を川沿いにあるベンチで食べていると、愛想の良いドイツ人達は「美味しいですか?」とか「こんにちは」などと声をかけながら通り過ぎてゆく。ボンの街にてベートーベンの家や国会議事堂を見る予定でいたが、今日は祭日で閉まっているとの事なのでケルンへ急ぐことにする。ケルンに着いたのは5時近くになっていた。ライン川でモーターボートレースをしているのを見たが、日本のようにお金を賭けるのでなく、ボートテクニックを競い楽しんでいる風景はなかなか好いものでした。

ファイル 61-1.jpg

この記事を書いたスタッフ

浅井 良則

浅井 良則

この地域の景色(風景)をつくり、守るのが私たちの使命です。
私たちは良い住まいをつくる「地域の知恵と技術の継承」を用いて、良い住まいが続く「家守り」に力を入れています。

このスタッフのブログ一覧へ
PAGETOP