スタッフブログ

回想自転車旅行記~26

201106/01

浅井 良則

1969年 2月7日 金曜日 晴れ PM3:00 15℃

 カラカラ浴場跡がどれほど楽しい所かと、楽しみにして行ったが期待外れ、もっと面影を残しているだろうと思っていたのに。
 コロッセオ、2000年前キリスト教徒がこの競技場でライオンと奴隷を戦わせ、奴隷が食いちぎられ殺される場面が目のあたりに浮かび上がってきて、耳の奥のほうで観衆のどよめきや歓喜の声が響いてくるようだ。
 この大きくてほとんど原形を残している建物が2000年前の民衆によって建てられた物とは全く思えない、あの大きな大理石をどの様にして積み上げたのか、又あの建築技術をどうして学んだのか本当に驚くばかりだ。 現代の建築の基礎はもうこの時代に出来上がっていたとは、そしてこの街には多くの彫刻が残されている、古い建物の褄側に・入口の両袖に・橋の欄干に必ず飾られている。 ほとんどが大理石で石の技術が素晴らしい、 女性の裸体の肉感などは石とは思えない感じだ、この様な作品を何世紀も以前のローマ人の手によって造られていたとは思えない、再度このローマに来てじっくり時間をかけて視たい街だ。

バス50L ワイン250L 夕食370L

ファイル 32-1.jpg


和歌山で家を建てる 浅井良工務店

この記事を書いたスタッフ

浅井 良則

浅井 良則

この地域の景色(風景)をつくり、守るのが私たちの使命です。
私たちは良い住まいをつくる「地域の知恵と技術の継承」を用いて、良い住まいが続く「家守り」に力を入れています。

このスタッフのブログ一覧へ
PAGETOP