スタッフブログ

回想世界旅行記~10

201001/07

浅井 良則

ファイル 12-1.jpg

11月2日 土曜日 晴れ 76km走行(計 2647KM)

 AM 7:00 9 ℃ (朝霧あり)  目を覚ましテントから外を見ると聖なるインダス川の彼方にカシミールの山々が雪帽子をかぶって美しく見えた。 インダス川の湿度が高いせいか、テントが夜露でびしょびしょ‥テントを乾かし、自転車のパンクを直してキャンプ地を出たのが8時40分。 向かい風で道はガタガタだし、一向に進まなく、イライラ‥それでも少しずつでも進まなければ!途中Nowasaeraの街に着いて昼ごはんをとる。インド中や Lahoreでも見たことのない肉(多分マトン)・ネギ・トマト・コーン・小麦粉を練り合わせて天ぷらにしてある。ブーカバブとか言うものをチャパチーにはさんで食べる。ちょっと生臭かったが美味しかった。食べているとき学生が来て「お茶をご馳走するから来い」と言うので家に寄せてもらう。 彼は、何か技術関係の大学に行っているらしい。 自転車に付けてあるバッグに何が入っているのか、見せて欲しいと言うので見せると色々と珍しがっていた。ここで二度目の昼食をよばれての帰りがけに万年筆を交換してくれと言われたが、断って出てきた。
 4時半頃Peshawarの街に着くが、ちょっとはましな街かなと思って来たが、全然いけません。 LahoreやR.Pinndiの方がよっぽど美しい。すごいほこりと馬車が多いので、馬糞で街が汚れっぱなし…。街そのものも完全な中近東的雰囲気。夜になり、ROYAL HOTELに泊まる。

本日の出費:干しぶどう 50P、 ティー 2杯 35P、 パン2コ 60P 昼食 85P、ホテル 2日分 8R、石鹸 50P

和歌山で家を建てる 浅井良工務店

この記事を書いたスタッフ

浅井 良則

浅井 良則

この地域の景色(風景)をつくり、守るのが私たちの使命です。
私たちは良い住まいをつくる「地域の知恵と技術の継承」を用いて、良い住まいが続く「家守り」に力を入れています。

このスタッフのブログ一覧へ
PAGETOP